一般鋼材販売・H型鋼切断・穴あけ・コラム切断・シャーリング切断加工
三木弘鋼材株式会社
08:00~17:00(月~土)

母の日に何をしようか考え中です

-day81-

writer:N.T.

 こんにちは、最近暑い日が続きますね(-_-;)
そろそろ薄手の服に変えても良いかもしれませんね
心機一転GWで訛った体をしっかり整えていきましょう!

 さて、皆さんはビルの窓によくある赤い三角形は何なのかご存じですか?
この赤い三角は、火事などのときに消防隊が中に入るための「非常用進入口」のマークみたいです。
窓の内側から見ればちゃんと”消防隊入口”とかいてあるので
マークが貼ってあるビルにお勤めの方はご存じなのかもしれませんね

 進入口の設置は、消防隊が確実に進入できるように政令で定められているらしいです
当然ですが適当に貼られているわけではないみたいですね
因みにその政令とは↓のような感じです

.建物の三階以上、高さ31m以下の階には、各条件を満たした「非常用進入口」が必要

.外壁10mごとに条件を満たす広い開口部を設置している場合は、それらを「代替進入口」とする

.代替進入口には、赤色反射塗料による一辺が20cmの正三角形によって、進入口であると表示する

 これを見ればお分かりかと思いますが赤い三角形がついた窓は
本来の意味での「非常用進入口」ではありません
あくまで”本来の非常用進入口はバルコニー付きで窓の広いところでなければならない”わけです

 土地が狭いなどが原因でその条件を満たせない場合に限り
代替進入口を設定して、そこから消防士の方に入ってもらうようにしているようです

 まぁ消防士の方が来るような事態にはなって欲しくはありませんが
知っておくと役には立つかもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です