一般鋼材販売・H型鋼切断・穴あけ・コラム切断・シャーリング切断加工
三木弘鋼材株式会社
08:00~17:00(月~土)

初心に帰るのは大事ですね

-day51-

writer:N.T.

 こんにちは、私が車を掃除すると決まって次の日がになるのはどうしてなんでしょう?
皆さんもこういう経験はありますか?

 さて、今回は初心に立ち返って「」について話していこうと思います。
そもそもこれがこの日記を書く本来の目的だったわけですが(^^;)

 まず、鉄とは、原子番号26の元素です。
元素記号はFe金属元素のひとつで、遷移元素とも言われます。
太陽やほかの天体にも豊富に存在していて、地球の地殻の約5パーセントを占めています。
また、鉄の大部分が外核と内核それぞれに存在しています。
因みに何故鉄がFeなのかというと、ラテン語での別名の「Ferrum」に由来しています。

 鉄と人の関係はとても深くて、石器時代から道具に強固さを付加しようと次々と鉄製のものが作られていきました。
近代化の始まりとして知られる産業革命以来、製鐵技術の有無や優劣が国家にとって大変重要な要素になり、
どんなものにも鉄が使われるようになりました。

 日本では鉄鉱石を原料に製鉄する技術は1858年に1月15日に始まったと言われています。
今では、鉄鉱石から鉄を取り出す高炉法と、スクラップから鉄を生成する電炉法で大体の製品が作られていますね。
日々多くの製鉄法が提案されては試行されています。まだまだ完璧への道は遠いようです。

 そういえば日本では電炉法による製造比率が30パーセント強を占めているみたいです。
天然の資源がほかの国に比べて乏しい日本からしてみれば、スクラップはとても貴重なんだそうで
どうやって上手く利用していくかが、今後の課題とも言われています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です